読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お悩み解決!カブトクえもんのデイトレ投資Blog

為替FXや株価インデックス先物や投信の個人トレーダーとして活動中。元ファンドマネジャー、今は個人投資家として活動する傍ら、皆様のお悩み相談にも乗らせて頂いております。

月末ポンド/ドル売り

いやぁー、今日は、豪ドルのロングのまま、月足で陽線となることを企図しました。26日までに、豪ドルとポンドを対ドルでロングして、大きく利食いしたことは昨日お伝えしました。そして、二日前の27日から豪ドルの売られた局面で、豪ドルを47コントラクトロングにし、0.7655という直近の0.5%戻しと0.382%戻しが重なるとことでも利食せず(してれば良かったと反省してます。なぜなら、直近の0.5%戻しと0.382%戻しが重なるといううことの重要性があるから。一方で、私のテーマは4月の月足が陽線になるという信念がありましたので。)また、押し目で買い増ししておりました。今朝から、一見思惑通り、豪ドルは上昇気性。昨日下値で買った9コントラクトを利食い、コアの47コントラクトをロングのまま、豪ドルの上昇を期待しておりました。ところが、16時すぎから、豪ドルは急落ですよ。なにがあったかは知りません。
 幸いなことに、今日は月末。月末のポンド売りという、ほかの鉄則がありまして。今朝から、5回に分けて、25コントラクトのポンド売りを仕掛けた。豪ドル急落と同時に、ポンドも急落し、ネットでは数万円のプラスだったので、わけがわからない動きともあり、両建てでスクエアにしました。
 気が付けば、ドル円も急落。理由は知りません。107円前後でありました。ドル円は全くのノービューですが、さすがに売られすぎかと思い、5コントラクトだけ打診で買い、2時間後に利食いました。
2016年4月29日
22時55分記