読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お悩み解決!カブトクえもんのデイトレ投資Blog

為替FXや株価インデックス先物や投信の個人トレーダーとして活動中。元ファンドマネジャー、今は個人投資家として活動する傍ら、皆様のお悩み相談にも乗らせて頂いております。

中短期の為替や株価インデックのトレーダーの【かぶえもん】です。

皆様、初めまして。中短期の為替や株価インデックのトレーダーの【かぶえもん】です。為替FXや株価インデック先物や投信の個人トレーダーとして活動しております。 もともと、プロのファンドマネージャーとして、ポジションを取り、相場を張るお仕事をしておりましたが、今は個人投資家として活動する傍ら、皆様のお悩み相談に乗らせて頂いております。
 私ごとで恐縮ですが、今月は、主に為替FX市場で、豪ドルのロングと英ポンドのロングで収益を稼がせて頂きました。 今日の市場ではBOJ日銀の追加緩和見送りで、ドル円が大きく円高に触れてました。今月の【かぶえもん】は、ドル円については4月上旬の108円台や107円台で豪ドル/円やポンド/円のクロス円のロングを持ちましたが、109円台後半でそれも利食い、豪ドルのロングと英ポンドの対ドルのロングに振り替えて、その後はノータッチです。もちろん、昨日も今日もドル円は、一切トレードしてません。なぜなら、4月中のテーマは豪ドルのロングと英ポンドの対ドルのロングだからです。4月上旬の豪ドルとポンドの下落の局面で買い下がり、含み損に耐えながら26日火曜日までに全て利食いました。 そして、27日水曜日のFOMCと今日28日のBOJ日銀政策決定会合は、予想つかない不確定要素なので、ポジションスクエアで何もしないつもりでいたのです。しかし、昨日の27日の豪ドル市場は思いがけない下落相場となってしまい、1ポイントほど下げたところから買い下がり出動してしまいました。すると、結果的には最近でも滅多に見ないような2ポイントの値幅の下げとなり、4月の豪ドル相場上昇という確信を持っているものの、ひどく不安にさせられるほどの含み損を夜中抱える状況になってしました。 理由はわかりませんが、FOMC前とBOJ前にどうしてもロングを外したい人がいたのか、資本取引でドルを買いたい人がいたのか、一時的に需給が歪み、ほとんど戻りらしい戻りもなく豪ドルは売られました。昨日の豪ドルの売られ方と今日28日のドル円相場の売られ方は略そっくりですね。
 そんな豪ドルですが、今日は戻りました。昨日の高値と安値の50%戻しであり、かつ、4月21日の高値と昨日27日の安値の38.2%戻しが、略同じ値段の0.7655で、17時18分現在、そこで豪ドルの上昇は止められています。メインシナリオは、今月の始値の0.7660より上で月末29日が引けることなので、様子を見たいところです。
 
投資に関するご質問は

kabuemon.theshop.jp

からお気軽にどうぞ!